四季の彩

2010年01月

http://book.geocities.jp/kawakyou3/qqq.swf
奥秩父大滝にある「三十槌の氷柱」は40メートルに及び
岩清水が凍り作り上げられた氷の芸術です
 冬の厳しい寒さの中 目を見張る美しさです

イメージ 1
      三十槌の氷柱の全景です (クリックしてみてください)

イメージ 2
        滝の斜めから


イメージ 3
        魚眼レンズで

 

イメージ 4

        陽が少し射し込んできました



イメージ 5
        奥にある小さな滝です



イメージ 6 
        凍った滝の写り込み
        

シモバシラはとても不思議なシソ科の植物です
地上部が枯れても地中に適当な水分があり、地表面が零度以下になること
地面近くの茎に氷の結晶、つまり氷華ができます
そんなシモバシラに会えました


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5

北海道知床に、流氷を撮りたいと、出かけて行きました。
あいにく まだ早すぎて、流氷にお目にかかることは、できませんでした。
低気圧がどっかと腰を据えて沢山の雪を降らせ、出るも入るもつらい状態でしたが、プレペの滝まで
慣れぬ雪の中、3時間歩いて撮ってきた写真です。疲れてクタクタでした。



イメージ 3
プレペの滝は写真右下に位置します

イメージ 4
羅臼岳はすっぽりと雪に覆われていました

イメージ 5
青空なら木々の雪はキラキと美しく光り輝くことでしょう'


鹿がたくさんいました 立派な角に見とれてしまいました
イメージ 6


初めての合成写真です。ウトロ温泉全景です
クリックしてみてください
イメージ 7

このページのトップヘ