四季の彩

2012年08月

イメージ 1
 
御岳山の夏の花レンゲショウマが可憐な花を咲かせています。
御岳山は、日本一のレンゲショウマの自生地で、杉の木立と落葉樹林の中、7~80センチの細い茎に、4㎝位の花を咲かています、花はうつ向いているので、写真を撮るのが、難しい花です
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
          ロックガーデンに行く途中の売店に黄レンゲショウマが咲いていました
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 

 
昭和記念公園にサギ草の花を見に行きました。
大勢のカメラマンが小さなサギ草を撮影しています。私も仲間に入れてもらい撮影です。 多くの人が、テレビを見てやってきたそうで 「こんな小さい花だとは思わなかった」 といていました。なんと清楚で、美しく、魅力ある花でしょうか。
帰り道公園の中で 思わずレンズを向けた花も、仲間入りです。
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
                       ナツスイセン 群生していました
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
                  ラベンダーを撮るのは いつも迷いながらです
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
                     オミナエシに秋の訪れを感じます
 
 
 
 
 
イメージ 6
                    
                                                    セミの抜け殻を見つけました
 

 伊吹山は、滋賀県最高峰(標高1377m)の山で、日本百名山の一つです。
 野草の群生地であり、1300種の植物が生育しているといわれています。
 数年前に見た、お花畑の美しさに再び会いたくて、汗びっしょりになりながら、頂上まで行きました。
 シミツケソウの開花に、少し早く、紅色の絨毯にお目にかかれなかったこと、少し残念でした。
 
イメージ 2
 
            この斜面がシモツケソウの紅色に染めつくされます
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
イメージ 6

イメージ 1
日本が誇る、美しい建造物、お城、天守閣があるお城は、日本に12か所、そのうち彦根、松本、犬山、姫路の天守は国宝だそうです。お城に行っていつも思うことは、数百年前これだけの建造物を作った人の、頭脳、労力に驚きの感を深くします。特に石垣には、汗を流した人々に思いをはせます。
イメージ 2
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
         
           広大な庭園を玄宮園 建物部分を楽々園と呼んでいます
 
 
                                             画面をクリックしてください

このページのトップヘ