四季の彩

2016年10月

イメージ 1

イメージ 3

シュウメイ菊



イメージ 4

シュウカイドウ




イメージ 5

シモバシラ      




イメージ 2

アブチロンとアサガオ


サルビアの咲く大宮花の丘農林公苑に、パソコン仲間にさそわれドライブしてきました。
車は乗り心地よく、久しぶりの外出は楽しく、空は青く、サルビアは真っ赤に咲いていました。
残念なことに風が強く、コスモスがちぎれんばかりにゆれていました。

イメージ 1

                           真っ赤なサルビアと青い空




イメージ 2






イメージ 3

コスモスがちらほらと





イメージ 4

コキアが綺麗に色づいて




イメージ 5

植木鉢のアートがかわいい




イメージ 6

バラの花が咲いていました

チャツボミゴケ公園(群馬県吾妻郡中之条町) 以前は鉄鉱石の鉱床があり、昭和41年まで露天掘りによる採鉱が行われていました。その露天掘りの窪み(俗称「穴地獄」)に自生しているのが「チャツボミゴケ」です。チャツボミゴケは酸性の水の流れる 所に生育し、窪みの側壁からは鉱泉も湧き出ています。このように、広範に自生しているのは全国でも 珍しく、平成25年3月「群馬県指定天然記念物」に指定されました。 (インターネットより)

イメージ 1






















イメージ 2




イメージ 3







棚田から、長瀞に行きました。台風の余波で、川の水は濁り、名物の長瀞ライン下りは中止とのことに、がっかりし、どこまでも続く岩畳を歩き、岩と川と山と自然が織りなす雄大な周りの景色にみとれていると、
元気な声が聞こえてきました。  大学のサークルの仲間でしょうか、楽しそうにライン下りをしています。
はじけんばかりの若さにカメラを向け手をふると、元気に手を振ってくれました

イメージ 6





イメージ 7






イメージ 1





イメージ 2





イメージ 3





イメージ 4





イメージ 5


埼玉県横瀬にある寺坂棚田は、 春の田植え、秋の刈り入れ時には、訪れたくなるところです。
台風が多く、晴れる日の少ない9月でしたが、雨が降らない早朝、車を走らせました。
彼岸には 毎年約束したように咲く彼岸花と、稲刈りと、稲はぜ掛けの田園風景は、大好きな景色です。

イメージ 1





イメージ 2






イメージ 3






イメージ 4






イメージ 5





イメージ 6




このページのトップヘ